メニュー トップページ さざん眼科のご案内 院長ご挨拶 院内のご案内 目の病気について 目の病気Q&A お問い合わせ 先生日記
医療法人社団さざん眼科:電話番号0538-36-5311
トップ >目の病気について

詳しい内容については病名をクリックしてください。

乱視

乱視は、角膜や水晶体が歪んで回転体でなくなる事によって光の屈折がずれ、焦点が合わなくなり、遠くも近くもぼやけてしまいます。「不同視」ともいいます。

正常な眼でも、角膜や水晶体は完璧な球体ではなく、楕円形になっているため、多少のゆがみがあることは誰にでもありうることです。しかし、極度にゆがみが出る場合は、眼鏡、コンタクトレンズ、レーシックなどによる矯正が必要になります。
乱視は、近くも遠くもぼやけて見にくくなるため、必要以上に見ようと目を酷使して、眼精疲労になりがちです。最近、目の疲れ、肩こりなどがひどいと感じる場合は、乱視を疑ってみる必要もあります。


詳しい内容については病名をクリックしてください。
マップ