メニュー トップページ さざん眼科のご案内 院長ご挨拶 院内のご案内 目の病気について 目の病気Q&A お問い合わせ 先生日記
医療法人社団さざん眼科:電話番号0538-36-5311
トップ >目の病気について

詳しい内容については病名をクリックしてください。

網膜剥離

網膜は、眼の奥にある厚さ約0.1~O.4ミリの薄い膜です。ものを見るための重要な部分で、10層に分かれています。内側の9層は神経網膜といい、外側の1層 は網膜色素上皮細胞(もうまくしきそじょうひさいぼう)といいます。

目に入った光は角膜と水晶体でピントを合わせ、網膜に像を結びます。網膜に写った像の光や色は視神経を通して脳に伝えられ、ここで初めて「ものが見える」と認識できるのです。

網膜色素上皮細胞と神経網膜の接着は弱いので、何らかの原因で神経網膜が網膜色素上皮細胞からはがれて、硝子体の中に浮き上がってしまうことを網膜剥離といいます。

はがれたままの網膜は次第に機能が低下していくので迅速な治療が求められます。また、剥離の際に網膜が切れたり穴があくことが多く、これはレーザー治療や 手術を行います。網膜剥離は、放置すると失明につながりかねませんが、適切な治療で視力は回復します。


詳しい内容については病名をクリックしてください。
マップ